Latest Posts

京都の元祖屋形船について

飲食店などでもそうですが、「元祖○○のお店」なんて言われると、元祖だから凄いと期待してしまいますよね。
実は屋形船にも元祖が存在しています。
現在では、屋形船というと東京が1番活況となっています。
東京湾を巡り、隅田川の花火大会やレインボーブリッジ、スカイツリーを周遊するコースなど人気があります。
ですが屋形船の発祥の地は、東京ではなく、京都です。
平安時代の京都・嵐山で屋形船は発祥したので、元祖屋形船だと言えます。

京都と言えば、世界でも有数の観光地で、たくさんの観光客が訪れるため、
元祖屋形船もとても人気があります。
ただ東京の屋形船と京都の元祖屋形船とでは、大きな違いがあります。
それは、人力で動かしているという点です。
本当に昔ながらの、平安時代の頃の屋形船と同じように、船頭が竿一本で川をのぼります。
そのため竿で動かせる動力しかないので、
東京の100人収容できる大きな規模の屋形船とは異なり、小さな規模の屋形船です。

それも吹き抜けの屋台が乗るシンプルな屋形船です。
なので、空調管理は出来ませんし、トイレも設置されていません。
ただ東京のように2時間近く周遊するコースが設けられている訳ではなく、
食事のサービスもないので、20~30分程度の所要時間となっています。
その分料金はリーズナブルで、2人で数千円程度にて屋形船を貸切する事が可能です。
紅葉のシーズンなど、嵐山の風景を楽しむには、最適だと言えるでしょう。
注意点としては、吹き抜けの屋台で人力の動力のため、雨だと中止になります。

また兵庫や滋賀にも、同じく人力で漕ぐ人気の屋形船が存在しています。
兵庫では姫路城を、滋賀では彦根城の内堀を屋形船で周る事が出来ます。
内堀の部分は、普段なかなか見る事が出来ない部分です。
そのためこの屋形船は、お城見学のための屋形船だと言えるでしょう。
お城に人が住んでいた時代も、こうやって屋形船で人々は移動していたのかと思うと、
とても興味深い体験ですよね。

またお城見学ですが、利用するシーズンによっては、桜や紅葉などを楽しむ事も可能です。
そのためお城に興味がない人でも、花見や紅葉狩り目的で利用してみては、いかがでしょうか?
現在は、日本の中心都市は、東京ですが、昔は日本の中心都市は京都でした。
そんな歴史的な背景も、東京と京都の屋形船を比較すると、時代背景を知る事が出来て面白いと言えるでしょう。
なので、料理は、船の上で食べなくても構わないから、
屋形船にリーズナブルに乗りたいと思っている人は、京都に旅行の際に屋形船を体験してみて下さい。
より日本の伝統に触れたいなら、京都の「元祖屋形船」がおススメです。

屋形船で釣りが楽しめるコース

屋形船は、花見や花火などを見ながら、料理を食べて楽しむものというイメージが強いかもしれません。
ですが屋形船は船な訳です。
本来船は、海や河などの水路の移動手段だけでなく、釣りをするために乗る事も少なくありません。
屋形船で釣りというイメージがないかもしれませんが、釣りがルートによっては釣りが可能な屋形船も存在します。
例えば東京のお台場ルートだと、ハゼ釣りをする事が可能です。
しかも自分で釣ったハゼを、お昼に天ぷらとして調理してくれます。

釣ったばかりのハゼですから、新鮮さはもちろん、自分で釣ったという達成感も加わり、
非常に美味しいと人気があります。
ちなみに屋形船によって料金設定は多少異なりますが、料金相場を紹介します。
エサと釣り竿を貸してくれるので、手ぶらで参加する事ができ、昼食付で5000円です。
一般の屋形船の料金相場は1~1.5万円なので、釣りが出来る屋形船の方がリーズナブルになると言えます。
ただし注意点としては、出航時間が早いという点です。
やはり釣りをするには、朝が釣れやすいので朝に釣りを楽しんで、
昼に釣ったハゼを食べるというコース内容になっています。

ですがコースによっては、夜釣りを楽しめるコースもあるので、
早起きが苦手で屋形船で釣りをしたい人は夜のコースを探してみて下さい。
釣りも楽しめて、屋形船も楽しめるので、一石二鳥なプランだと言えるでしょう。
でも釣れなかったらどうするの?と思う人もいるかもしれません。
シーズンによって釣れる量は異なりますが、8時出航で12時までの4時間釣りをすれば、
その間に移動もするため釣れる可能性は高いと言えます。
参加者の多くは、数十匹とたくさん釣っています。
もし仮に全然釣れなかったとしても、昼食付のコースなので、
自分で釣った訳ではなくてもハゼの天ぷらは食べる事が出来ます。

ちなみに屋形船で釣りをする場合は、釣りの初心者で参加しても問題ありません。
屋形船のスタッフが、エサの付け方や釣りのやり方を丁寧に教えてくれます。
そして釣りをするため、汚れても大丈夫な格好でくるようにして下さい。
もしかしたら、服が濡れてしまう場合もあるので、着替えを持ってきておくと安心です。
あと服装に関しては、陸地よりも船の上の方が、少し体感温度が低く感じます。
そのため防寒具として、上に羽織れるものを1枚用意しておきましょう。

東京湾で釣りをするマナーとしては、小さい魚はリリースします。
東京湾でもいろいろな魚を釣る事が出来ますが、やはり昔に比べると魚の数が減少傾向にあります。
そのため釣りすぎはNGで、いつまでも東京湾で釣りが楽しめるように、必ずマナーは守るようにして下さい。

もんじゃ屋形船について

屋形船と言えば、東京に多く存在しています。
屋形船には興味があるけれど、刺身の盛り合わせや揚げたての天ぷらなどのコース料理は高いし気を遣うから苦手。
そんなふうに思っている人も多いでしょう。
もっと気軽に屋形船で料理を楽しみたいという人におススメなのが、屋形船でもんじゃ焼きです。
東京湾で月島も近い事もあり、実は屋形船でもんじゃ焼きが食べられるところも少なくありません。
地元では「もんじゃ屋形船」と呼ばれて親しまれているようです。

ただし、もんじゃ焼きは他の本格的なコース料理と比べるとリーズナブルな価格ですが、
屋形船でもんじゃ焼きを食べる場合は、乗船込みの料金となります。
そのためもんじゃ屋形船の料金相場は、3500~5000円ぐらいかかると考えておきましょう。
そしてもんじゃ屋形船では、メニューを大きく分類すると3つのタイプがあります。
単品のメニュー、食べ放題、セットメニューとなっています。
もんじゃ焼きセットメニューって何?と思う人もいるかもしれません。

もんじゃ焼きセットメニューは、1~2種類のもんじゃ焼きを選び、
それにドリンクやご飯がセットになっているメニューです。
食べ放題は言葉通り食べ放題ですが、船の上であるため、
普段よりも控えめで満腹状態までは食べない方がいいでしょう。
特に船酔いの心配がある人は、選んではいけないメニューです。

あともんじゃ屋形船での注意事項は、移動時間と停泊時間です。
屋形船は天ぷらの揚げたてなどを食べる事が出来るため、
船の上でも火を使った調理が可能だと思われがちです。
ですが屋形船で火を使う行為には、ルールがあります。

それは移動時には、火を使うのはNGで、停泊中のみ火を使うのがOKになるという事です。
コース料理であれば停泊中に準備した料理を、運んでくるため、
屋形船の移動中も時間をかけて料理を楽しむ事が可能です。
ですが自分で鉄板の上で焼いて食べるもんじゃ焼きの場合は、停泊中しか作る事が出来ないのです。

そのためもんじゃ屋形船の2時間のコースで、食べ放題の料金が一見安いと感じるかもしれません。
ですが2時間ずっと食べ放題なわけではなく、停泊時間が短い場合は、食べ放題だと損する可能性があります。
なので、申し込みをする前に、移動時間と停泊時間をきちんと調べてから、メニューを選ぶようにして下さい。
もんじゃ焼きと一緒に、お酒を飲みたいという人も少なくないでしょう。
もんじゃ屋形船では、アルコールももちろん用意してあります。
飲み放題のプランもありますし、またアルコールが苦手な人には、ソフトドリンクのプランもあります。
東京観光がしたくて、もんじゃ焼きも食べてみたい、そんな人にもんじゃ屋形船がおススメです。

屋形船の芝浦石川のアクセス情報はこちら

屋形船で合コンや女子会が人気

屋形船の楽しみ方は、やはり船に乗るという事に尽きます。
例えば普段見慣れた景色であっても、違う角度から見る事で、
まったく違う印象を受ける事があります。
日常生活の中で、船から風景を見る機会はありませんよね。

そのため船から見る360度大パノラマの景色は、新しい発見があるでしょう。
特にお花見や花火など、場所を確保するのが大変で、
しかも人込みの中でなかなかゆっくり食事を楽しむ気分にはなりません。
ですがゆっくりとしたスピードで進む船から、桜や花火を眺め、
食事を楽しむという事は、忙しない日常生活から切り離されて贅沢な時間の過ごし方だと言えるでしょう。

また屋形船では、料理に拘っているところが多いので、美味しい料理を堪能する事が出来ます。
屋形船の中で、こんな本格的な料理が作れるの?と驚く人もいるかもしれません。
屋形船のメニューは、揚げたての天ぷらや旬の食材を使った料理が楽しめるようになっています。
屋形船の新しい楽しみ方として、屋形船で合コンや女子会などのイベントも行われています。
とにかくインパクトがありますし、言葉は悪いですが、河の上を進んでいるので、途中で降りる事は出来ません。
合コンなど盛り上がらないからと女性に、途中で帰られてしまった経験のある男性は少なくないでしょう。

ですが屋形船なら、2時間コースなら、2時間は必ず一緒にいられます。
また夜景やイルミネーションなど、テラスで絶景を楽しむ事が出来るので、女性好みの雰囲気はばっちりです。
食事内容にしても、普段は和食が中心のメニューが多いですが、
合コンや女子会なら、女性が好むオシャレなメニューが用意されています。
インスタ映えを狙っているのなら、「今日の女子会は屋形船で」なんてかなりインスタ映えする内容ですよね。
屋形船が乗れる場所は、全国に複数ありますが、やはり1番のおススメは東京です。
屋形船で東京湾を巡る場合、周遊コースが充実しているのがポイントです。

お台場コースだとライトアップされたレインボーブリッジを下から見上げる景色は、凄いという一言です。
東京スカイツリーコースなら、隅田川の橋の下を通り、普段は見る事の出来ない角度からスカイツリーを眺める事が出来ます。
浅草も歩くと結構な距離がありますが、屋形船からのんびり眺めながら疲れる事なく散歩気分が味わえます。
普段女性と話をする事が苦手だという人も、屋形船での合コンなら、景色を眺めるため、間が持ちますよね。
雑学として、屋形船に関する歴史などを調べておくと、話のネタになるかもしれません。
正確なデータなどはないので分かりませんが、一般的な合コンと比べると屋形船での合コンは、
成功率が高いのではないでしょうか?

屋形船の料理コースについて

屋形船と一言でいっても、そのプラン内容は様々です。
では屋形船でどのような料理を食べる事が出来るのか、コース内容について紹介します。

船とは基本的に、海路の交通手段として利用されたり、漁船として漁目的で利用されたりするケースが一般的です。
ですが屋形船の場合、花見や花火など風景を楽しみながら移動を楽しむという側面もありますが、
やはり飲食を楽しむ事が1番の目的だと言えます。
船の上で料理を食べても酔わないの?と心配な人もいるかもしれません。
確かに他の乗り物と比べると若干の揺れはありますが、
海ではなく川を移動するので、波がなく思ったよりも船酔いしにくい状況です。

宴会や結婚式の二次会などの会場としても利用されるわけなので、
やはり料理のコース内容は気になるところです。
メニューに関しては、選ぶ屋形船や支払う予算によって大きく異なってきますが、
どのような料理コースがあるのか一例を紹介します。

例えばお花見目的で屋形船を利用する場合、
料理のコース内容も春の味覚をふんだんに取り入れたメニューとなっています。
またお花見弁当や団子などのデザートもお花見らしくていいですよね。

夏の屋形船のメニューは、夏らしく枝豆と焼き鳥、お刺身にビールなんて最高ですよね。
冷たいお蕎麦や揚げたての天ぷらなども堪能する事が出来ます。
基本的に屋形船の料理のメニューは、船の上で食べる事を意識して、
山の幸よりも海の幸中心のメニューが多くなっています。
そのため新鮮な魚介類の刺身や天ぷら、魚のお鍋なども絶品だと言えるでしょう。

それに冬に屋形船に乗るのは寒いから、冬は営業していないのでは?
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
確かに、スカイデッキなどで夜景を楽しもうと思ったら、かなり寒いので防寒対策は必須です。
ですが寒さに凍えてご飯を食べる訳ではありません。
船の中では暖房があるので、室内と同じぐらい暖かくなっています。
屋形船によっては、掘りごたつまで用意しているところもあり、
外は寒くても屋形船の座敷の中はホカホカです。

また冬に人気のメニューは、なんといってもお鍋です。
忘年会や新年会に、みんなで一緒にお鍋をつついて親睦も深まると言えるでしょう。
屋形船では、何を食べるかは重要なので、屋形船を選ぶ際には、
料金や周遊コースで選ぶのもいいですが、料理のコースやお酒の種類も確認するようにして下さい。
料理に関しては、規模が大きい屋形船の場合は船の中に調理場があり、船の中で料理し出来立てを食べる事も可能です。
ですが、規模が小さい屋形船の場合は、船の中に調理場がなくお弁当や調理したものを船に運んで食べるという形になります。