屋形船の料理コースについて

屋形船と一言でいっても、そのプラン内容は様々です。
では屋形船でどのような料理を食べる事が出来るのか、コース内容について紹介します。

船とは基本的に、海路の交通手段として利用されたり、漁船として漁目的で利用されたりするケースが一般的です。
ですが屋形船の場合、花見や花火など風景を楽しみながら移動を楽しむという側面もありますが、
やはり飲食を楽しむ事が1番の目的だと言えます。
船の上で料理を食べても酔わないの?と心配な人もいるかもしれません。
確かに他の乗り物と比べると若干の揺れはありますが、
海ではなく川を移動するので、波がなく思ったよりも船酔いしにくい状況です。

宴会や結婚式の二次会などの会場としても利用されるわけなので、
やはり料理のコース内容は気になるところです。
メニューに関しては、選ぶ屋形船や支払う予算によって大きく異なってきますが、
どのような料理コースがあるのか一例を紹介します。

例えばお花見目的で屋形船を利用する場合、
料理のコース内容も春の味覚をふんだんに取り入れたメニューとなっています。
またお花見弁当や団子などのデザートもお花見らしくていいですよね。

夏の屋形船のメニューは、夏らしく枝豆と焼き鳥、お刺身にビールなんて最高ですよね。
冷たいお蕎麦や揚げたての天ぷらなども堪能する事が出来ます。
基本的に屋形船の料理のメニューは、船の上で食べる事を意識して、
山の幸よりも海の幸中心のメニューが多くなっています。
そのため新鮮な魚介類の刺身や天ぷら、魚のお鍋なども絶品だと言えるでしょう。

それに冬に屋形船に乗るのは寒いから、冬は営業していないのでは?
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
確かに、スカイデッキなどで夜景を楽しもうと思ったら、かなり寒いので防寒対策は必須です。
ですが寒さに凍えてご飯を食べる訳ではありません。
船の中では暖房があるので、室内と同じぐらい暖かくなっています。
屋形船によっては、掘りごたつまで用意しているところもあり、
外は寒くても屋形船の座敷の中はホカホカです。

また冬に人気のメニューは、なんといってもお鍋です。
忘年会や新年会に、みんなで一緒にお鍋をつついて親睦も深まると言えるでしょう。
屋形船では、何を食べるかは重要なので、屋形船を選ぶ際には、
料金や周遊コースで選ぶのもいいですが、料理のコースやお酒の種類も確認するようにして下さい。
料理に関しては、規模が大きい屋形船の場合は船の中に調理場があり、船の中で料理し出来立てを食べる事も可能です。
ですが、規模が小さい屋形船の場合は、船の中に調理場がなくお弁当や調理したものを船に運んで食べるという形になります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です